生きぬく力

生きぬく力

東京都日野市立平山小学校では、「生きぬく科」という独自の授業がある。

東日本大震災をきっかけに文字通り、「子供たちに生き残る力を付けさせる」というものだ。

 

防災関連の教育を主としているが、

タブレットを使い、画面上の街で洪水を防ぐ堤防を配置したり、

社会・防災・街づくり・ICT等、複合的な人材育成を図るための授業となっている。

 

年間の授業時間は146コマで、国語・算数に次ぐ時間をこの授業にあてている。

個人的には面白い取り組みであり、今後もさらに発展してほしいと思う。

 

先日私は「サバイバルファミリー」という映画を見ました。

この映画は、実際日本全国でインフラ(電気・ガス・水道)が使えなくなったらどうする?どうなる??

というような映画です。

 

私が痛感させられたのは、

「実際に生きるための知恵や力って意外と教えられてないんだな」

ということです。

 

勉強を通して学ぶ知識は間違いなく必要です。

それと同じくして、生きるための知恵も必要なんじゃないかな?と思わせられました。

 

これからアウトドアの知識を養っていこう!と心に決めました。笑

 

今後夏休みなどを通して、

子供たちにアウトドアを経験させる企画もできたらいいな!と思いました。

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。