勉強へのハードルを下げる方法

勉強へのハードルを下げる方法

ゴールデンウィーク明けのこの時期は、新しい環境やクラスにも慣れ、

中だるみのしやすい時期でもあります。

そこで今日は、子どもの勉強意欲を上げるための1つの方法をご紹介します。

 

「子どもがいつまでも宿題に取りかからない」

「毎日、勉強を始めるまでに時間がかかる」

 

小・中学生の親御さんなら、一度は同じような悩みを持たれたことがあると思います。

この問題に対して、ほとんどの親が、

「勉強しなきゃダメでしょ。」

「いつになったら自分からやれるようになるの!」と叱っています。

 

しかし、それで解決するなら苦労はしません。

それはわかっているけど、じゃあ具体的にどうすればいいの?

 

<ランドセルやカバンの中身を全部出してもらう>

そこで、今回ご紹介するのは、ランドセルやカバンの中身をまずは全部出してもらう、ということです。

子どもも「それくらいならできるよ」ということでやり始めます。

 

ランドセルやカバンの中身を毎日すべて出すだけでも、大きな一歩です。

1週間前のお便り、固まって化石化したハンカチ……。

毎日出していればこういう状態になるのを防ぐことができます。

 

何よりもよいのは、宿題に必要な物もすべて外に出ていることです。

遊びから帰ってくると、外に出た宿題が自然に目に入ります。

たったこれだけのことで宿題への意識が高まり、また宿題が手に取りやすくなります。

がみがみ叱る回数も減りそうです。

 

 

<取りかかるときのハードルを下げる>

このように、宿題に取りかかるときのハードルを下げてあげることはとても重要です。

大人の仕事もそうですが、取りかかってしまえば半分終わったようなものであり、

とにかく取りかかるのが大変なのです。

 

ですから、本格的に取りかかる前に、1歩でも1ミリでもゴールに近づいておくことが大切です。

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。